消費者金融の金利を調べるには?

消費者金融は借りやすい貸金業者として人気があります。できるだけ容易にお金を借りたい場合に便利な相手ですが、選ぶ際に参考にしたいのが、金利についてです。消費者金融 一覧の金利を調べること自体はとても簡単です。インターネットを使える環境にあれば、誰でも調べることができます。
最も手軽なのが、各消費者金融の金利情報を集めている情報サイトの利用です。各社の特徴やメリットなどをわかりやすく掲載してくれていますので、選ぶ際にとても参考になります。そのような情報サイトでは各社の金利を一覧にしてくれているケースが多く、一瞬で比較できるのが便利です。
ですが、これらの情報サイトは情報の鮮度がやや低いというデメリットを持っています。リアルタイムに更新しているところでもない限り、情報が古くなっており、現在とは違った金利が掲載されている例もわりと多く見かけられます。正確に消費者金融の金利を確かめたいなら、多少面倒でも各社の公式サイトを閲覧するのが一番です。
消費者金融自身が運営している公式サイトですので、最も信頼できる情報が詰まっています。金利に関しても、リアルタイムに更新されています。今後金利を変更する予定があるときには、公式サイト内で重要なお知らせとして公表してくれますので、事前に金利変動について知識を得られるというメリットがあります。
簡単に確認する程度なら情報サイトが便利ですが、合わせて公式サイトも確認する努力をしましょう。

コンビニキャッシングを利用する

カードローンの利用方法として、コンビニキャッシングがあります。
最近はネットキャッシングに人気がありますが、インターネット環境が整っていないのでネットキャッシングができないというかたもおられます。
また、これまでどおり提携コンビニATMのほうが馴れていると言われるかたもおられます。
コンビニキャッシングはネットキャッシングとちがったメリットや利点があります。
「コンビニキャッシングのメリット」
コンビニキャッシングとは文字通り、キャッシングカードを使って。提携銀行ATMや提携コンビニATMでお金を借りたり返済したりする方法です。
ネットキャッシングの場合は、一般銀行の口座で利用しているときは、銀行の営業時間外でなければ借入や返済ができませんので、時間的な制約を受けます。
いまやコンビニは全国いたるところにお店があるので、コンビニを探すということはありません。
コンビニは24時間営業をしているので、借入や返済はいつでもできます。
また、出張や旅行などで出かけたときなど、口座を作っている銀行が利用できない場合もありますが、提携コンビニATMが利用できる銀行のカードローンなら[
手持ちのお金が足りなくなりそう」といったときでも、コンビニを探せばカードを使ってすぐにお金が引き出せるというメリットが有ります。
参考元・・・http://cardloansinsa.web.fc2.com/
「おとくなコンビニキャッシングの利用の仕方」
このように、コンビニキャッシングはネットキャッシングにないメリットが有ります。
しかし、気を付けたいのはATMを利用したとき、1万円以下は108円、1万円以上は216円の利用手数料が発生する場合があります。
利用手数料が金利や借入金以外に発生するということは、目に見えない金利を支払っていることになるので、低い金利で借りられたといってもその金利に上乗せしたことになります。
「手数料無料のATMがどれだけ利用できるかがポイント」
銀行カードローンには提携コンビニATMの利用手数料が無料といったカードローンもあります。
たとえば、オリックス銀行カードローンの場合、金利3,0〜17,8%と少し高めになっていますが、提携ATMは、ローソン、Enet、セブン銀行ATM、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行など約9万台のATMがすべて無料で利用できます。
銀行カードローンには他にも手数料無料で提携ATMが利用できるカードローンもありますが、オリックス銀行カードローンのように、提携ATMが国内どこでも無料で利用できる銀行カードローンを選ぶことをおすすめします。

消費者金融を選ぶポイントは自分に合ったものを選ぶこと

信頼のおける業者か悪徳業者かの判断を付けたら今度は自分に合った消費者金融を選ぶ必要があります。そのポイントを見ていきましょう。

金利とサービス

金利が低いと返済額が少なくてすみます。大体は高く設定されている消費者金融の中でも、低金利なところを選ぶのもいいでしょう。しかし、業者によっては新規顧客を対象に「OO日間無利息」というところもあるので、そういったサービスを活用すれば、無利息で借りれる場合があります。

返済がしやすい

銀行振り込み、ATM、コンビニ、電話、インターネットなど様々な返済方法があります。しかし、業者によって使える返済方法や提携しているATMが違うこともあるので、必ず確認してください。

利用限度額と利用目的

無担保・保証人なしで借りられると言っても、それなりに条件はあります。例えば、50万以上借りる時は収入証明が必要になりますし、最初の借入れ時は100万〜200万くらいです。低金利なところを選んでも基本的には高いので、利息額が高くなります。住宅ローンや自動車ローンなど高額で借りる場合は銀行系ローンなども視野に入れるといいかもしれません。

審査時間

急にお金が必要になることもあるでしょう。そういう場合は審査時間で決めるのもひとつの手です。しかし、審査時間が短いものは金利が高い場合が多く、逆に審査時間が長めの場合は金利が低めということが多いので、あらかじめ審査時間や必要書類を確認・準備しておくといいでしょう。